ヘッダー画像

通信講座で宅建

「資格取得は自分への自信にもつながる。」

という言葉を知り合いから聞いたことがあります。

自分の行動範囲を広げる意味で、持っていて損はないな。と思ったのが宅建取得だったのです。


宅地建物取引主任者の資格取得は、だれにでも受験することができる資格です。

また、不動産関係の仕事を希望する人なら必須といっていいほど必要な資格になってきます。


また、資格取得期間も、半年ほどあれば取得することが可能なので、

身近な資格だということもいえます。


資格取得をする、ということは、やりたい仕事を可能にするだけでなく、自分の知識や幅を広げるために、重要になってきます。


宅地建物取引主任者の資格においても、世間一般の常識や、民法なども、勉強範囲に入るため、不動産業の仕事にかかわらず、評価が高いとされています。


資格を取得する、ということは、自分を成長させる大切な武器になると私は考えます。

資格取得という武器を、どのように活用するかは、自分次第になってきます。


持っている、資格、または、これから資格取得を考える人は有効に資格を使えるのが理想になってくると思います。



宅地建物取引主任者は不動産売買や賃貸の代理業務において5人に1人は配置しなければいけないと義務付けられている資格ですので、資格としてのニーズは非常に高い資格です。


主に、不動産の売買や賃貸物件の代理や仲介を行う仕事です。

宅建と略していわれることが多いですね。


もちろん、不動産業だけではなく銀行などでも求められているのです。

銀行の場合は、土地を担保に融資を行いますので、この業務のエキスパートが必要なのです。


受験資格が必要ないのもこの宅地建物取引主任者が人気の要因でもあります。

選択式のマークシート方式の試験ですので、難しい記述も必要ありません。


合格基準は非常に明確で50問の出題中35問正解で合格となります。

また、この宅地建物取引主任者での独立は不動産賃貸であれば、店舗費用と事務機器のみで独立可能ですので、大きな初期投資も必要ありません。


inserted by FC2 system